世界屈指の自動車大国となった中国では、中古車市場も成長を続けている。これまで自動車は新車で購入するのが一般的だった中国人にとって、中古車市場の拡大によって「良質な中古車を安く買えるようになった」として歓迎の声があがっている。
 
 だが、中国の中古車は走行距離の改ざんや事故歴の隠蔽といった問題が少なからず存在し、中古車を購入する際には不安が付きまとうのも事実だ。中国では日系車を購入することは「非愛国的」であると批判する声が存在するものの、中古車を購入するにあたっては多くの中国人が口をそろえて「中古車なら日系車を購入すべき」と主張する。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、「なぜこれほど多くの中国人が中古車なら日系車を買うよう薦めるのだろうか」と疑問を投げかける記事を掲載し、中古の日系車を購入する利点について紹介している。
 
 記事はまず、「日系車の信頼性は極めて高いゆえに、中古での購入後も心配が少なくて済む」ことを紹介した。同じ年式の同じ排気量の自動車を比べた場合、中古の日系車は故障率が低いとし、問題が起こりやすい部品の1つである「電気系統」についても「日系車の電気系統は他国のメーカーの車に比べて圧倒的に故障が少ない」と評価した。
 
 続けて日系車は中古であってもやはり低燃費であり、維持費の節約になると指摘。中古車を購入する人の多くは自動車を所有するにあたっての初期費用を抑えたいと考えているが、日系車ならば「初期費用のみならず、維持費まで節約できる」と指摘した。また、日系車は市場で高い人気を得ているため、「もし2年後に再び売却するとなっても高値で引き取ってもらえる」ことを伝え、日系車は中古であっても「値持ちが良い」と論じた。
 
 日本でも中古車を購入する際にはしっかり車を見定めることが大切だが、中国では商売のためなら平気で騙す人がいるのも事実で、中古車を購入するにあたっては、より慎重に車の状態を見極める必要がある。中国の中古車選びは気を配らなければならない点が多く存在するが、購入時の品質に瑕疵がない限りは、日系車ならば安心して乗ることができるという点こそ、中古市場で日系車が人気を得ている理由なのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)