中国の各都市でシェアサイクルが人気を集めているが、その一方で、使用者のマナーの悪さも問題視されている。中国のシェアサイクルはどこでも乗り捨てが可能であるゆえに、無造作に放置されたり、自転車を破損したり、ひどい場合は川や池に投げ込まれたりするケースもあり、大きな問題となっている。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国は自転車の管理方法について考え直す必要がある」と論じる記事を掲載し、日本で自転車がどのように管理されているのかを紹介した。
 
 中国国内ではシェアサイクルの普及に伴い、店の前や歩道に乱雑に放置される自転車も増え、交通の邪魔になる状況も起きている。記事は、東京の街中でも多くの自転車が走っているが、中国のシェアサイクルのように適当に乗り捨てられ、放置されている自転車は1台もないと指摘し、日本と中国では自転車の駐輪をめぐる状況がまったく違っていることを紹介した。
 
 では、自転車に乗っている日本人は普段、どこに駐輪しているのだろうか。記事は東京のある駅前に設置された自転車駐輪帯、また、八王子駅と直結した3階建ての自転車駐輪場を写真と共に紹介し、日本では駐輪禁止の場所に放置した自転車は回収されるなど、非常に厳格に自転車が管理されていることを紹介した。
 
 最後に記事は、「シェアサイクルは市民の利便性を考えて提供されているサービスなのに、故意に破損させたり私物化したりして自分勝手ではないだろうか」と問いかけ、「中国人は日本に見習い、公共の自転車を自分の所有物と同じように大切に扱うべき」と呼びかけた。また駐輪についても、乗り捨て自由とはいえ、他の人の交通の邪魔になっては本末転倒であり、自転車の管理についても日本に学ぶべきだと考えられる。
 
 これに対して中国のネットユーザーからは、「日本から学ぶことは多い。中国も小さなことを積み重ねていくことで強くなれる」など、日本に積極的に学んでいこうとする意見や、「中国の人口が日本と同じだったらできる」といった投げやり的な意見も寄せられていた。シェアサイクルの成功が世界的に大きな注目を集める中国において、自転車の管理が今後どのような展開を見せていくのか注目していきたい。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)