日本経済のバブル崩壊後における低迷期は「失われた20年」と呼ばれている。経済成長が低迷している間に中国に国内総生産(GDP)で追い抜かれ、日本は長らく保持してきた世界第2位の座を失ってしまった。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む