アント フィナンシャル ジャパンは7月11日、中部国際空港と提携し、同空港が運営する免税店に「アリペイ(支付宝)」を導入すると発表した。アリペイは、16年9月に成田国際空港と関西国際空港に導入され、17年1月には羽田空港も導入。今回、中部圏のハブ空港である中部国際空港に導入されたことによって「日本の入口」といえる東名阪の国際空港への導入が完了したとしている。

 日本に進出した最初の中国のモバイル決済プラットフォームである「アリペイ」は、15年10月から日本での対面決済サービスを開始。訪日中国人観光客に中国国内と同様にシームレスな決済体験を提供することを目的に、東京、大阪、京都、北海道、沖縄、福岡など人気の高い観光地を中心に、すでに2万5000以上の日本の加盟店で利用されている。

 中部国際空港では、酒タバコ店、セントレアプラザ店などの免税店にアリペイを導入する。先行する成田国際空港や関西国際空港では、両空港内の90%以上の店舗でアリペイの利用が可能になっている。

 アリペイを展開するアント フィナンシャル サービス グループは14年10月に設立。2004年から世界最大の決済プラットフォームとして利用されているアリペイを主軸とし、幅広い金融サービスを展開している。社名は、「世の中に小さな美しい変化をもたらす」という同社のビジョンを表している。(イメージ写真提供:(C)SAMPHAN ARTTHAWIKUN/123RF)