中国サッカー・スーパーリーグで2日、広州恒大の選手が試合終了後に審判団と握手しなかったことで、キャプテンの鄭智をはじめ、ピッチにいた選手11人が中国サッカー協会から処分を受けた。中国メディア・今日頭条は7日、このトラブルに対する日本メディアの評論に、中国のサポーターはメンツを失うとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む