ガン、急性心筋梗塞、脳卒中は日本人にとっての3大疾病とされ、日本の国民病とも呼ばれているが、経済成長を背景に生活水準が向上している中国人にとっても同じように深刻な病気になりつつある。特に中国ではガン患者が急増しており、日本の質の高い医療サービスを求めて日本を訪れる中国人も増えている。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む