中国では農業だけで食べていくのは非常に難しいとされる。そのため、親や子どもを残して都市部に出稼ぎに行く農民は多く、こうした出稼ぎ労働者は農民工と呼ばれている。
 
 農民工たちは都市部で主に肉体労働に従事することになるが、ぎりぎりまで生活を切り詰めて故郷に仕送りをする人が多く、農民工たちの都市部における暮らしは決して楽ではない。
 
 日本では農業以外の仕事も掛け持つ兼業農家は多いが、中国のように農村に生まれただけで都市部の住民と深刻な格差が生まれるようなことはない。日本では農業で生計を立てることも可能だが、同じ農業でも日本と中国では何が違うのだろうか。
 
 中国メディアの網易はこのほど、中国は近年、著しい経済発展を遂げたと伝える一方、「農家の暮らし」という観点から見れば日中には雲泥の差があると指摘する記事を掲載した。
 
 記事は、中国の農民と日本の農家で暮らしぶりに大きな違いが出る要因について、まず「土地」の所有権をめぐる違いを指摘し、「中国では土地は国の所有物であり、農民に貸して耕作させている」と紹介。一方、日本では土地の個人による所有が認められていて、何を育てようが自由であり、売買も自由だと紹介した。
 
 また、中国の農民は収穫量を増やすためならば土壌が破壊されるようなことも厭わないと伝える一方、日本の農家は土壌が破壊されるようなことはせず、土地を肥沃に保とうとすると指摘。さらに、中国では土地の所有権が認められないうえに農民は伝統的な生産性の低い方法で農業を行なっていると伝える一方、日本の農業は機械化が進んでいて、生産性も高いことを伝え、良質な農作物を安定的かつ大量に生産することで、暮らしの安定につなげていることを伝えた。
 
 中国は都市部こそ大きな発展を遂げたが、内陸部の農村地帯は未だに大きく立ち遅れている。中国では「日本と中国の差は農村にある」という声は少なくないが、農民が都市部に出稼ぎに行かずとも安定して暮らしていけるようになるのはいつになるのだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)