観光庁の2017年1ー3月期の訪日外国人消費動向調査によれば、日本を訪れた中国人のうち、初めての訪日だったのは全体の53.8%で、46.2%がリピーターとしての訪日だった。16年1ー3月期の同調査では初めての訪日は全体の56.7%で、リピーターの割合は43.3%であったため、17年はリピーターの割合が増えたことが分かる。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む