日系車のボディに使用されている鉄板が薄いという噂は、中国でよく話題になる。しかし、このような噂とは無関係に、中国で日系車の販売は好調だ。では、なぜ日系車は中国人消費者にこれほど受け入れられているのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日系車のボディの鋼板は薄いのに、なぜ多くの消費者は日系車を購入するのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、その理由を2つ挙げている。
 
 まず記事は、「安い服を着ている人が必ずしも貧しいわけではない」のと同じように、「ボディに使用されている鋼板が薄いことは、安全性を図る尺度とはならない」ことを紹介。さらに、「ボディは車のエンジンやトランスミッション、さらには電気系統などを雨風から守るためにあるのであって、人を守るには限界がある存在」だと指摘した。
 
 では、なぜボディが薄いと言われる日系車を多くの中国人は購入するのだろうか。記事はこの理由として「日系車は中国の自動車市場にもっとも初期に参入した存在」であり、当時の高い評価が今なお中国人消費者に良好なイメージをもたらしていると主張した。また、「日本人が日本車を購入している」という点も、中国人の消費につながっているとし、つまり、日本で確かな実績を挙げているので信用できることを理由として挙げた。
 
 確かに日系車は故障が少ないうえに低燃費、内装がしっかりしているなど消費者の目線になって商品開発がされている。こうしたことが、中国の消費者に受け入れられているということであろう。過去の歴史的背景や国同士の関係ゆえに日本に対してマイナスの見方も存在するが、その質の高さゆえに多くの中国人消費者は日系車を選んでいるということだ。
 
 この記事に対し、中国のネットユーザーからは「一般家庭では低燃費で故障が少なく安心して乗れる車を購入したいと思っている」、「今の日系車は重厚で塗装もしっかりしている」など、日系車を支持する声ばかり寄せられていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)