かつて「自転車大国」と称された中国が、再びその称号をわが物にしようとしている。その主役は、各都市で急速に浸透したシェアサイクルだ。手軽さと、自宅や会社と公共交通機関の間にある「最後の1キロ」を埋める利便性から爆発的な人気を集めているが、自転車の放置や私物化、破壊といった問題も噴出している。

 

 中国メディア・今日頭条は2日「日本の都市管理を細かく観察することで、われわれの管・・・・

続きを読む