日本を旅行で訪れる中国人が増えているが、それに伴って中国ネット上では訪日旅行記も増えている。中国メディアの快報はこのほど、日本を訪れた中国人の手記として、「中国が目指す調和のとれた社会が日本にあった」と伝えている。
 
 記事によれば、この中国人はもともと日本ではなく、別の国を訪れる予定だったというが、何らかの事情で渡航先の変更を余儀なくされ、結果的に日本を訪れることになったようだ。しかし、予定になかった日本を訪れたことで思いがけず、日本の魅力を知ることになったという。
 
 記事は、日本に到着してすぐ、中国で広く知られている「日本の清潔さ」を身をもって体験したと伝えたほか、東京で地下鉄を利用した際に手荷物を車内に置き忘れてしまったが、駅で係員に相談したところ、何と手元に荷物が戻ってきたと驚きとともに紹介。「日本では窃盗事件の数が非常に少ないと聞いていた」としつつ、日本は先進国であり、法治国家で豊かな国だからこそ、誰も他人のものを持ち去らないのであろうと論じた。
 
 さらに、中国では日本人に対するイメージが決して良好ではないが、「日本を訪れて、大多数の日本人は友好的であることがわかった」と紹介。道に迷った際、日本人に道を尋ねれば、誰もが快く案内してくれたとした。また、日本ではまるで過去の中国のように「民家の窓には防犯用の格子が設置されていなかった」と伝え、日本は治安が良く、中国が目指す「調和のとれた社会」が存在していたと伝えた。
 
 もともと訪れる予定はなかったという日本で、思いがけず体験した様々な出来事が、この中国人の日本に対するイメージをかなり向上させたようで、「日本と中国は隣国同士であり、お互いがお互いを必要としている以上、関係を改善させていくべき」との見方を示している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)