日本の社会では「空気を読む」ことがしばしば求められる。しかし「空気を読む」ことで成り立っているのは日本人どうしの関係のみであり、国際的なコミュニティで空気ばかり読もうとすれば「あいつは何を考えているのかさっぱり分からない」と言われてしまう。自己主張ができなければ、いつまでたっても分かってもらえないのだ。

 中国メディア・今日頭条は27日「何を考えているのか分からない日本人を、中国人上司は・・・・

続きを読む