世界最大の自動車大国となった中国。多くの中国人は日系車の話題になると、その品質の高さを認めはするものの、愛国心や日中関係が悪化した際の影響を心配してか、「国産車を支持する」と反応するようだ。だが、日系車は世界のトップレベルの技術で、中国においても確かな実績を残している。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、「多くの中国人が駄目出しする日系車の本当の実力」という記事を掲載し、今回は数ある日系メーカーのなかから、スズキを例に挙げ、中国人にとってどのような点が魅力的なのか紹介している。
 
 記事はまず、日本以外でスズキの主な市場はヨーロッパであることを紹介しつつ、「中国においても、ハッチバックタイプのコンパクトカー、バレーノ(BALENO)が、8万元(約130万円)から販売されている」ことを紹介。では、中国人にとって、この車のどこに魅力を感じるのだろうか。
 
 記事は、「車のデザインが可愛い」ことを、車の写真と共に紹介した。確かに若い女性に人気がありそうなフォルムになっている。さらに、「ヘッドライトにLEDを採用している」ことも指摘。こうした「人目に付くスタイリッシュな設計は、若い世代に人気がある」と紹介した。
 
 さらに、「2種類のエンジンが用意されていて、どちらのエンジンも排気量は小さいながらも十分なトルクが得られ、かつ燃費が良い」ことも中国人にとって魅力となることを紹介した。これに対してネットユーザーからは、「日系車の技術は、世界のどのメーカーも超えられない」といった意見が寄せられていた。
 
 歴史的背景ゆえに、中国人の中にも口で日系車のことを悪く言う人がいる。だが、多くのユーザーは、日系車の質の良さを認めている。中国の街中で多くの日系車を見かけることは、その答えが目に見える形となって現れているということであろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)bwylezich/123RF)