先日、JR鎌倉駅にある自動改札の天井に作られたツバメの巣に対する駅員の「神対応」が日本国内で話題となったが、台湾でもこの件が紹介された。台湾メディア・東森新聞雲が23日報じた。

 記事は「日本のJRの駅はとても優しい。動物の保護を優先して考えている」としたうえで、鎌倉駅が天井にできたツバメの巣を守るために真下の自動改札レーンを閉鎖したことを紹介。「観光客にちょっとした不便を強いることにな・・・・

続きを読む