日本人から見ると、中国人の「メンツ」を重要視する文化は不思議に思う部分も多々あるものの、中国人から見れば日本にも不思議な文化は数多く存在するようだ。

 中国メディアの今日頭条は23日、日本人は不思議な民族であり、日本には不思議で複雑かつ、中国人にとっては難解な文化が数多くあると主張し、中国人から見た「難解な日本の文化」について紹介している。

 まず記事は、豪華な内装のトイレや様々な機能のついて温水洗浄便座など、日本人はトイレに対して情熱を傾けているとしながらも、「中国人にはなかなか理解できない」と主張。日本人にとってトイレはリラックスしたり、読書したりと、用を足すだけの空間ではないことを紹介した。

 確かに中国のトイレを見れば、中国人がトイレを清潔に保とう、あるいは便利な空間にしようという情熱を持っていないことがわかるが、何もしなければ不潔な空間になってしまうからこそ、日本人は意識してトイレを清潔かつ便利な空間にしようとしているのではないだろうか。

 続いて、ラーメンや蕎麦などの麺料理を「音を出してすすって食べること」も、中国人にとっては理解不能と指摘。欧米では食事の際にすする音を出すことはマナー違反とされるが、それは中国でも同様であるため、行儀やマナーに気を使う日本人が麺料理をすすって食べることが難解のようだ。

 また、日本では「八重歯」が可愛いとされることも、多くの中国人にとっては不思議だと紹介。だが、近年は日本の影響を受け、中国でも八重歯は「可愛いもの」として認識されるようになってきていると指摘したが、それでも大多数の中国人にとっては「歯並びが悪い」と映りがちであることを紹介した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)