漢方薬はその名のとおり、中国の東洋医学に端を発する医薬品ではあるものの、日本の漢方医学および漢方薬は日本で独自に発展を遂げたものであり、中国の漢方薬とはさまざまな違いもある。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、漢方薬はもともと中国が発祥の薬であるとしながらも、今日では漢方薬の輸出シェアで日本が圧倒的に中国を上回っていることを伝え、悔しさをにじませている。
 
 記事は、中国人にとって漢方薬は「中国の国粋」だと認識されてきたとしながらも、現実は日本の漢方薬のほうが世界で受け入れられていると指摘し、日本が世界の漢方薬市場で圧倒的なシェアを確保できるまでになった背後にはさまざまな要因があると主張。
 
 たとえば、漢方メーカーはイノベーションを重視しており、研究開発に多額の費用を投下していることを紹介。また、消費者重視の姿勢を貫き、薬効を維持しつつも、消費者が服用しやすい形状に加工するなどの対応を行っていることを紹介した。
 
 さらに記事は、厳格な品質管理も日本の漢方薬が世界で支持される理由の1つであるとし、中国の漢方が消費者に与えるイメージといえば「調剤する人によって分量が変わる」、「分量が適当」といったものだと指摘する一方、日本の漢方メーカーは「人為的要素を背景とした適当さ」を排除しているとし、安全性はもちろん、生薬の分量などについても規格化を行っていると指摘した。
 
 中国発祥の漢方薬だが、中国では近年、より即効性が見込める西洋薬の方が一般的に使用されているようだ。また、中国の漢方産業の関係者が日本に材料を買い付けに訪れたり、日本の漢方メーカーの製品を中国人旅行客が爆買いしたりなど、漢方薬をめぐる日中の逆転現象は珍しいものではなくなっている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)