世界の工場として、世界中のメーカーが進出していた中国だが、近年は人件費の高騰などを背景に、中国から工場を東南アジアなどに移転する動きが進んだ。外資メーカーの工場は中国にとって雇用の受け皿となってきたため、撤退は雇用の喪失につながると懸念が高まっている。

 

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国から外資企業が相次いで撤退していることについて、「中国で失業の嵐がかつてないほど・・・・

続きを読む