日本の学校の制服は漫画やアニメなどを通じて海外にも知られるようになっており、中国では女子高生の制服の着こなしを「ファッション」として捉えて真似る若者もいるほどだ。制服は本来、規律や帰属の意識を持たせる意味もあるのだが、着くずし方やアレンジによって時代の流行を反映する存在でもある。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国の制服と日本をはじめとする海外の制服を比較し、「なぜ中国はこんなに醜いのだろうか」と嘆く記事を掲載した。
 
 記事は、世界中の多くの国の学校に制服の制度があるのは、ただ外見の美しさだけではなく、「学生に帰属意識を培わせるのが主な目的である」とし、学校ごとに制服のデザインや色が異なることを紹介、写真とともに各国における代表的な制服を紹介した。
 
 続けて「日本が最もおしゃれ」とし、日本の女子高生の写真を紹介しているが、「上着には様々な種類があってコーディネートが可能だが、季節を問わずスカートは常に短い」とした。また韓国の高校の制服は「着こなしは整然としていて、男子はスーツ調で女子は白いブラウスにプリーツスカート」というデザインが多く見られると紹介した。
 
 他にロシア、ブータン、インド、キューバの制服を紹介しているが、宗教や伝統が反映されていたり、土地の気候に適したものであったりと、それぞれの特色があるなかで、最後に中国の制服について「誰もが必ず『醜い』とツッコミたくなるジャージ」だと紹介した。
 
 中国では小中高と制服は学校指定のジャージで、鞄は特に指定は無いようで大きめのリュックサックを使っている生徒が多い。「ジャージは実用的で動きやすい」と評価する声もあるが、「生徒の意向や願望を無視している」といった不満が根強く存在するのも事実だ。早熟の恋を防ぐためのジャージという見方もあるが、現実には中国人学生たちの大半がジャージに反対しているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)