在上海日本国総領事の広報文化センターは先日、今月25日に館内の多目的ホールにて、コスプレコンテストを開催すると発表した。
 
 募集するのは10組の出場チーム。コンテストでの持ち時間は1組あたり3分間で、5名の審査員が「舞台表現力」と「コスチューム制作能力」に対してそれぞれ評価をつける。上位3組は8月5日と6日に杭州市で開催される文化交流イベントへの出演権を獲得できるそうだ。
 
 同時にコンテストの一般観覧者も募集しており、こちらは定員になり次第締め切りのこと。
 
 上海日本総領事館は過去にも、2011年の上海ジャパンウィークにて初音ミクのコスプレコンテスト、2012年にロリータファッションの女性(中国語ではlo娘)を集めたお茶会を開催するなど、日中交流の一環として、日本のサブカルチャーの発信にも力を入れている。(イメージ写真提供:123RF)