今の東京の地図と、江戸時代以前の地図では明らかに大きく異なる点が1つある。それは、海岸線の位置だ。江戸時代以降、東京湾では埋め立てが何度も行われ、その都度海岸線が後退していった。江戸そして東京の発展の歴史は、東京湾の埋め立ての歴史でもあるのだ。

 

 中国メディア・今日頭条は14日「埋め立てが日本にもたらしたものは何か」とする記事を掲載した。論じているのは、主に戦後の海岸埋め・・・・

続きを読む