中国自動車市場では、日系車にまつわるデマとして「使用している鋼板が薄くて安全性に劣る」、「車重が軽いため、衝突安全性に劣る」といったものが流れている。鋼板の厚さが自動車の安全性に影響を及ぼす影響はほぼ皆無であり、車重が重いほどブレーキをかけてから停止するまでの距離が伸びるため、車重が重ければ安全というわけではない。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国では「日系車の購入を検討していると、分かったふりをした人が日系車の安全性についてあれこれ難癖をつけてくる」と紹介する一方、この「分かったふり」をしている人はただの知ったかぶりであり、信じる必要はないと論じている。
 
 記事は、自動車について「分かったふり」をしている人は、日系車の購入を検討している人に対し、「日系車は車重が軽いため、衝突安全性に劣る」などと言って、日系車の購入を考え直すよう勧めると紹介する一方、この「日系車は車重が軽い」という主張そのものが間違っていると指摘した。
 
 続けて、中国で人気の高い日系車とドイツ車の一部車種について車重を比較し、「同じコンパクトセダンであっても、ドイツ車のほうが車重が軽いケースも多い」と紹介。また近年はドイツ車や米国車は相次いで車の軽量化を進めているとし、「重い車が欲しければ、中国車に乗れば良いだけの話だ」と論じた。
 
 さらに記事は、日系やドイツ、米国メーカーが自動車の軽量化を進めている背景には、「そもそも車重は衝突安全性に影響を及ぼさないが、燃費性能に大きな影響を及ぼす事実」があると紹介。
 
 中国人は自動車が「軽い」というだけで、「材料や構造に手抜きやごまかしがある」と考えがちだとする一方、各メーカーは自動車の安全性を確保しつつ、燃費性能の向上に向けて軽量化を進めているのだと伝え、「これは世界の自動車産業全体の流れであり、この流れを知らない人の言葉を信じる必要はない」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)