国によって小中学生の昼食スタイルは様々だ。中国の小中学校は一般的に、午前と午後の授業の間に2時間前後の昼休憩があり、一旦帰宅して家で昼食を食べるという生徒が多い。しかし中国でも一部農村地域の学校で「栄養餐」という給食のような制度が2011年から始まっている。中国メディアの捜狐はこのほど、「栄養餐」のスタートから7年目となった現在の状況を紹介し、日本の給食制度と比較する記事を掲載した。

 ・・・・

続きを読む