日本を訪れた中国人旅行客の多くが、日本人の「警戒心のなさ」に驚くという。確かに日本ではスボンの尻ポケットに長財布を入れて歩いている人や、貴重品が入ったバッグを置いたまま席を離れる人を見かけることがある。

 日本以外の国で暮らした経験がある人は、日本の治安の良さを実感したことがあるだろうが、これは他の国の治安が悪いというよりも、日本の治安が世界的に見て相対的に良いため、そのように感じるのだろう。事実、日本では窃盗やスリに警戒しながら暮らす必要性はほとんどない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本では「スリに財布を盗まれることを警戒しなくて済むほど、治安が良い」と紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、中国では一般家庭でも家の窓や玄関の扉が「防犯対策」が施されていて、窓には格子が設置されていて、扉は2重の防犯扉となっていることが多いと紹介。一方、日本では格子が設置されている窓も、2重の防犯扉になっている扉もほとんど見たことがないと伝え、これらは日本の治安の良さを示す事例であり、日本では空き巣を警戒する必要がない証拠だと論じた。

 さらに、ズボンの尻ポケットに高級ブランドの長財布を入れて歩いている日本人の写真を掲載し、「盗まれることはおろか、紛失することすら心配していないようだ」と主張。日本では財布を紛失しても、遺失物として警察に届けられる可能性があることを指摘し、驚きを示した。

 また、日本では小学校低学年の子どもたちが「自分の足で歩いて登下校する」と紹介。日本では子どもたちの集団登校が見られるとしながらも、子どもが誘拐される事件はほとんど起きないと指摘、「窃盗も誘拐も少ない日本は治安が非常に良い国だ」と伝えている。

 中国では親や祖父母が子どもたちの送り迎えをすることが一般的だが、これは子どもが誘拐されることを警戒しているという側面がある。中国では今でも人身売買が多く、誘拐される子どもは年間20万人に達するとも言われている。このような事件が多発する中国に住んでいれば、日本の治安の良さに驚くのも無理はない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)