さて、今年の父の日は何月何日でしょうか。何週目だったかな。土曜日だったような、日曜日だったような。Google先生に聞かずに即答できた方、素晴らしいです。だいぶ浸透してきたとは言え、まだまだ母の日のオマケのような存在の父の日。今年はどんな風に過ごしますか?
 
 中国語で父の日は「父親節」と言います。中国の大手検索サイトで「父親節」を検索すると、検索ワード候補に「父の日 いつ」「父の日の花」「父の日のプレゼント」といったワードが並びます。日本と様子はおおむね一緒のようですね。
 
 ちなみに、日本の父の日は毎年6月の第3日曜日と定められておりますので、今年は6月18日です。皆さん覚えていましたか?
 
 父の日を定めている国はたくさんありますが、日付は各国様々。一番早いのはセルビアの1月6日、遅いのはブルガリアで12月26日です。最も多いのは6月の第3日曜日で、日本を含めて50カ国ちかくの国と地域がこの日のようです。
 
 では、記事のタイトルに戻りましょう。正解は台湾。8月8日が台湾の父の日です。「パパ」(爸爸)と「八八」の中国語の発音が似ていることがその由来。中華圏らしいユーモアのある日取りですね。
 
 8月8日と言えば、北京オリンピックの開会式が2008年8月8日午後8時8分8秒に開催されたことが印象深いですが、この8月8日という日は、縁起のいい数字であることも手伝ってか、日本記念日協会によると、同協会の認定した記念日が一年の中で三番目に多い日なのだそうですよ。(ちなみに一番多いのは10月10日、二番目に多いのは11月11日です。)
 
 今年の8月8日は火曜日。残念ながらお仕事で忙しいお父さんが多いかもしれませんが、「台湾では今日が父の日らしいよ」なんてお食事時にでも話してみてはいかがでしょうか? どんなプレゼントよりも、親子の会話の時間が何より喜ばれるかもしれませんよ。(2ヶ月も先の話、忘れちゃうという方のために、8月になったらまたサーチナが記事でお知らせしますのでご安心を!) (編集担当:永井 晶子)(イメージ写真提供:123RF)