中国のインターネットメディアで今日よく読まれている記事をお届けします。
 
■家売るために顧客と結婚
 
 当地に戸籍あるかどうかで住宅購入に制限が設けられている上海市。上海籍の配偶者がいれば上海籍以外の購入希望者でも条件をクリアできるため、住宅販売仲介業者に勤務する30歳の男性が、それぞれ別の女性顧客と通算4回も結婚していたことが話題に。中には70歳の女性もいたとか。
 
■平野美宇は張継科の未来のお嫁さん?
 
 ロンドンオリンピック男子卓球金メダリストである張継科選手のファンであることを公言している平野美宇選手。日本では「第二の福原愛」になってしまわないかと早くも心配されているようだと紹介しつつ、選手層の厚い中国にお嫁に来ることは彼女の卓球人生にとっていい結果を生むであろうと歓迎ムード。
 
■愛ちゃんの時代は終わった

 世界卓球選手権ドイツ大会で目覚しい活躍を見せた平野美宇選手。日本の卓球ファンの間では「卓球女王」の世代交代との声が高まっており、結婚後はスポーツ選手というよりもセレブ人妻としてのメディア露出の多い福原愛選手は、「もはや(花である)平野選手の花瓶でしかない」とも言われていると紹介。
 
■愛が去り、美誠が来た
 
 中国国内ではまだ「二番手」と認識されている伊藤美誠選手だが、たびたび中国を訪れてトレーニングを重ねていることを紹介。しかし福原愛選手がそうであったように、彼女もまた「中国女子卓球チーム」という大きな山を越えられずにいると評している。
 
■上海名門大学の化学実験室が爆発
 
 3月下旬頃、復旦大学の20歳の男子学生が実験中の爆発によって大怪我を負ったが命に別状はないと報じている。原因究明や責任者の処分などが進められており、当面化学系学部での実験を全面停止と発表後、今のところ実験が再開されたとの続報はない様子。(イメージ写真提供:123RF)