中国には日本に対して偏った印象を持つ人が多く存在するが、近年は日本を客観的に知り、理解すべきであるとの主張も多く見られ、「知日」という動きも広がりつつある。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む