マンションであっても、一戸建てであっても、マイホームを購入することを夢とする人は少なくないだろう。中国では子どものために親が家を買い与えることが今でも一般的なこととされているほか、男性の場合は結婚するにあたって不動産を所有していることが条件として求められることが多いゆえ、中国人の家に対する関心は非常に高い。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の家の内装を紹介し、快適で機能的なデザインを称賛する記事を掲載した。ここでなぜ家の内装に注目しているかと言えば、中国ならではの事情として、都市部では一戸建てよりマンションが圧倒的に多く、そのマンションはスケルトン状態での引渡しが一般的だからだ。中国ではマンション購入にあたっては、まっさらな部屋を購入してから自分で内装を決め、業者を頼み、工程を監督していくことが必要なので、家を購入する人すべてにとって内装は必須の事柄なのである。

 その点、日本の家は一般的にディベロッパーや工務店側が設計し、内装が施されたものを購入するゆえ、機能面で格段の差が生じるのだという。そのため、内装や収納には素人では思いつかない工夫がたくさんあり、「日本の室内設計は実用的な機能が数多くあり、中国よりも経験が豊富だ」と評価し、たとえば、リビングがキッチンを隔てずに家族が交われるようにしたり、寝室が必要に合わせて引き戸によって分けることができたりすることを紹介している。

 また、中国では浴槽に浸かる習慣がないゆえに、トイレと洗面台とシャワー室が一緒の空間にあることが多い。日本ではトイレ、洗面台、浴室がすべて独立していて、浴室はあくまでも寛ぐための空間とされていることも新鮮に映るようだ。

 中国では家の値段と改装費用は別に考えるのが一般的だが、日本で家を購入する際は費用をトータルで考えるのが一般的だ。そもそもこうした概念の違いがあるので、中国人にとって日本と中国の不動産の坪単価にさほど違いがなくなっていても、将来的に改装費用が生じることを考えると、中国人としてはまずは自分で内装を安く抑え、その後に改装し直すことの方が受け入れ易いようだ。

 しかし記事は、「中国では家の改修のために生涯でかかる費用を考慮すると、日本人が家を購入する費用とあまり変わらないのではないか」とし、初期費用が高くついても日本の家のほうが後々まで機能的で快適な生活を送れるとの見方を示している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)