ドイツで開かれている世界卓球の混合ダブルスで、吉村真晴・石川佳純ペアが日本に48年ぶりの同種目金メダルをもたらした。一方、中国はこの種目で男女1人ずつをそれぞれ他国の選手と組んで出場された。どうして「中国人ペア」を出さなかったのだろうか。中国メディア・今日頭条が4日、その理由について解説する記事を掲載した。

 記事は「吉村・石川ペアの勝利は間違いなく自身の努力の結果である。しかし、われわ・・・・

続きを読む