大学生活での思い出は挙げるときりがないが、多くの人がその1つとして学食を挙げるかもしれない。美味しかった思い出を持つ人と、逆の思い出を持つ人がいそうだが、ともあれ大学生活に学生食堂のエピソードは付き物。それは中国でも同じである。

 中国メディア・今日頭条は2日、日本と中国の学生食堂を比較する記事を掲載した。正確に言えば「中国の学生食堂の酷さを嘆きつつ、外国の学生食堂の良さを紹介するシリーズ」の日本編だ。

 記事はまず「中国の大学に対する文句ランキングで食堂は必ずや3本の指に入ることだろう」としたうえで、昼時には殺気立つまでに大混雑する食堂の状況や、味覚センスを疑うような料理の数々が供されることを写真付きで紹介。「一部の学校で食堂が学生の怒りで破壊される惨劇が起こるのも分かる。こんなサービスでお金を取るのだから」とこき下ろした。

 その一方で「日本の大学の学生食堂は、常に学生や食べることへの配慮が行き届いたサービスが提供されている」と説明。食堂の雰囲気について触れ、欧州の古城を想起させる立教大学の食堂や、「お盆が見えなければまるで図書館のような佇まい」という東京大学・安田講堂の食堂を紹介した。

 そして、肝心のメニューについては「日本の学食ランキング1位に輝いたことのあるという東洋大学では国際色豊かな料理が用意されている」としたほか、トンカツに色鮮やかな野菜が添えられて栄養バランスにも配慮が行き届いた法政大学の名物ランチ「勝つぞ! 法政」、北海道大学の牛とろフレーク丼などを紹介。いずれも500円程度という手ごろな値段で味わえるとした。さらに、立命館大学では破格の100円朝食まで存在することを伝えている。

 中国は今「お腹いっぱい食べられればいい」という時代から「美味しいものを食べたい」という時代に変化しつつある最中と言える。今後、学生のニーズを取り入れた食堂も増えてくることだろう。食の良し悪しは勉学や学生生活のモチベーションにも大きな影響を与えるはずだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)manganganath/123RF)