卓球の世界選手権個人戦で、平野美宇選手は日本勢の女子シングルスとして48年ぶりとなるメダルを獲得したが、準決勝で対戦した丁寧選手に1−4で破れ、世界選手権の制覇はならなかった。

 平野選手は4月のアジア選手権で丁寧選手に勝っており、中国に大きな衝撃を与えただけに、今回の対戦は中国でも非常に大きな注目を集めたが、中国メディアの捜狐は3日、「平野美宇は日本勢として48年ぶりの快挙を成し遂げた・・・・

続きを読む