日本は高度経済成長のころ、「大量生産、大量消費」がさまざまな社会問題を生んだが、現在の中国がちょうど「大量生産、大量消費」の時代にあると言えるだろう。モノの買い替えや使い捨てがごく日常にある中国人にとって、1つのモノを大切に使う習慣は興味を引くことのようだ。

 日本の小学生が登下校に使用するランドセルは、1年生から6年生までの6年間にわたって使い続けられることが一般的だが、余程乱暴な使い・・・・

続きを読む