中国の経済メディア・第一財経は30日、中国資本による日本企業買収ブームが本格化しつつあるとするう記事を掲載した。その背景には、日本企業が持つ高い技術とブランド力があるようだ。

 記事は、先日日産によるリーフの車載電池を主に生産している子会社オートモーティブエナジーサプライ(AESC)の中国ファンドへの売却が最終協議段階に入ったと報じられたことを紹介。この買収が実現すれば、日本企業が中国資・・・・

続きを読む