日本を旅行で訪れる中国人といえば、これまでは団体ツアーが主流だったが、近年は個人旅行かつリピーターという立場も中国人も増加している。団体のツアーで訪れる中国人のマナーについてはあまり良い評判は聞かないが、それはツアー利用客の多くは初めての訪日であるケースが多く、日本特有の公共の場におけるマナーを知らないためだと言えるだろう。

 中国メディアの北京時間はこのほど、日本を初めて訪れる中国人に向けて、「日本を旅行する際には日本のマナーを理解することが必要」とする記事を掲載した。中国が発祥である「郷に入っては郷に従え」という言葉を用いて、日本を訪れるならば基本的な礼節をわきまえるべきだとした。

 記事は日本滞在中においては「周りの人に面倒をかけないこと」を原則とすべきだと指摘し、その具体的な例を挙げている。たとえば、エスカレーターを使用する際には片側に寄ることを挙げた。旅行客という立場上、大きな荷物を持って移動していたとしても、「このルールは適用される」とし、特に朝夕のラッシュ時であれば時間に厳格な日本人は「秒単位」で行動しているため、日本人の邪魔をしてはならないと論じた。

 また宿泊先のホテルのロビーでも「大きい声で話したり、笑ったりすることは控えるべき」と指摘。部屋に入ってもドアを開けっ放しで話をすることは厳禁であり、回りの部屋の人の迷惑にならないよう配慮すべきだと指摘したほか、「日本人は一般的に直接苦情を言ってくることはないが、あまりにひどい場合フロントを通して訴えてくる」とし、そうした不必要な煩わしさを日本人に与えないよう注意すべきだと指摘した。

 さらに「食事の際も同様に小声で話すべきだが、居酒屋などお酒が提供される席では少しくつろぐことができるが、周囲より大きな声になって周りに迷惑をかけないように」とありがちな細かなシチュエーションについても注意を呼びかけた。

 他にもバイキングの利用や、ゴミ箱の分別、喫煙所の使用、公共の乗り物を利用する時の荷物の置き方や携帯電話の使用についてなど多岐にわたる説明がなされている。もし日本を訪れる中国人が本当にこうした点に留意してくれるなら有難いことだが、何事もおおらかな中国で暮らしていて、羽を伸ばす休暇の際にこれほど細かいルールに留意するのも確かに難しい話なのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)