中国メディア・今日頭条は30日、「日本の児童給食を見て、全ては子どものためという意味を初めて知った」とする記事を掲載した。

 記事は「集団精神の育成と、児童どうしの競争意識を減らすため、日本の大部分の小学校では1960年代ごろより学校内で統一の給食が供されている」と紹介。1日当たりの給食代は、ミネラルウォーター1本分程度と格安であると伝えた。

 また、給食の調理室は衛・・・・

続きを読む