中国では男女の話題になると日本人女性のことがテーマになることも少なくない。それだけ中国の男性から受けが良いといえるが、それはなぜだろうか。中国メディアの今日頭条は27日、「日本人女性が中国のみならず、世界の男性に愛される理由」を分析する記事を掲載した。

 記事は、日本人女性が人気だと主張する理由の1つとして、「夫に対して謙虚」なことを挙げた。日本の家庭は今も「男尊女卑」の傾向があるとしたうえで、日本の女性は朝早く起きて朝食を準備し、夫の着る服を用意し、夫が家を出るときには上着まで着せてあげる、と日本人女性がいかに献身的であるかを強調した。2つ目の理由は、「夫に対して寛容である」ことだ。これは、日本女性の度量が大きいというよりも、男尊女卑の伝統が根強く、許すしかないのだろうと推測した。

 3つ目の理由は、「夫を束縛しない」こと。日本人女性が夫の浮気に寛容なのはよく知られていると記事は主張。浮気をしても他国の女性のように大騒ぎしないので、男性にとっては都合が良いとした。最後に挙げた理由は、「夫に従順である」ことだ。日本の家庭では男性は絶対的な権利と地位を持っているためで、外国の男性は日本人女性と接すると「扱いやすい」と感じるという。

 中国では、日本や日本人に対して、いまだに時代錯誤的な誤解をしている人が多いが、突っ込みどころ満載なこの記事を、真に受ける中国人がいないことを願うばかりだ。それにしても、現代社会で女性を蔑視するようなこうした記事が出回る中国というのは不思議な国である。確かに日本人女性は中国人よりも話し方や物腰がやわらかいが、実際に接してみれば驚くほど芯が強いことが分かるだろう。やはり百聞は一見にしかずである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)