医療の面でも最先端を目指す中国で4月20日、第12回「国際胃癌会議」が開催された。経済成長に伴い、中国人の生活が豊かになる一方で、中国ではがん患者が年々増加しているのだが、患者の増加に医療環境の整備が追いついていないのが現状だ。

 国立がん研究センターが2016年1月20日に発表したデータによれば、日本の胃がんの5年相対生存率は73.1%に達するが、中国における胃がんの5年生存率が約20・・・・

続きを読む