日本に観光で訪れる中国人が増加しているが、そも訪日目的は買い物であったり、日本の風光明媚な場所を楽しみたいというものであったりとさまざまだ。訪日目的はともあれ、日本を訪れた中国人が日本滞在中に目にする光景のうち、「必ず驚愕する」ことが多々あるのだという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は風光明媚な国であり、同時に買い物天国だとしながらも、「日本と中国はさまざまな点で大きく違っている」とし、中国人旅行客は「日本と中国の違いの多さに驚くことも多い」と紹介する記事を掲載した。

 記事は日本で目にしたものが中国とまるで違うとしても「それは文化の違いであるゆえに日本人から見れば至って正常な事柄だ」とした。たとえば、「ビジネスマンが街中で酔いつぶれている姿」は日本ならではだと指摘し、日本のビジネスマンが世界で最もストレスを抱えているためであると説明した。中国では酒の席で酔いつぶれることはタブーなので、泥酔して道端で寝てしまう人を見かけることはない。それゆえ、中国人が日本で酔いつぶれて寝ている人を見ると驚くのも無理はないだろう。

 また日本は漫画大国であるゆえ、コスプレをした人たちについても「日本人は自分の好きな服装で街に出る」が、それは日本では特に驚くことではないとしている。日本でもコスプレが一般の人びとにも認知されるには時間がかかったが、中国ではまだ浸透していない文化なのであろう。他には日本の各家庭では「トイレ専用のスリッパ」があり履き替えなければいけないことを挙げたが、中国では玄関で靴をぬぐ習慣が浸透していないので更にトイレで専用のスリッパに履き替える必要は理解できないのだろう。

 他に日本でも少なくなっている「エレベーターガール」についても取り上げ、清掃員や店の従業員とも異なるエレベーターに特化された日本の唯一無二の「特殊な職業」として利用客に大変便利なサービスを提供していると紹介した。

 こうしてみると確かに日本人にとっては日常化している風景であるが、中国から訪れる人にとっては奇異な光景として映る事柄が多くあることが理解できる。また記事を読んだ中国人が日本について少しばかり心積もりをし、あるいはこうした光景を見ること期待して日本に訪れる人が今後ますます増加してゆくのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)