ヒットした商品には消費者に受け入れられるそれなりの理由がある。商品の質、使い勝手の良さ、コストパフォーマンスなど、理由はさまざまと言えるが、世界最大の自動車市場である中国において、数ある自動車メーカーのなかから日系車を選び、愛用している消費者は大勢いる。

 中国の路上では非常に多くの日系車を目にすることができるが、反日感情という逆風を物ともせず、日系車が多くの中国人に受け入れられている理由はどこにあるのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「多くの中国人が日系車を高く評価している」と伝え、何が理由で中国人は日系車を支持しているのかを考察する記事を掲載した。

 記事はまず、「車で山に行くには必ず道があり、そしてその道には必ずトヨタ車が走っている」という言葉を紹介。これは中国で広く知られた言葉であり、車を運転する人ならばその多くが耳にしたことがある言葉だと伝え、それだけ中国ではトヨタ車を始めとする日系車を見かける機会が多いと伝えた。

 では、中国でなぜこれほどまでに日系車が受け入れられているのだろうか。記事は、ドイツや米国に比べて日本の自動車産業の歴史は浅いとしながらも、日系車の最大の強みは「精錬されたデザインと低燃費、そしてコストパフォーマンスの高さ」にあると指摘した。

 さらに、中国市場においては操作性やモデルチェンジのタイミング、サービスのクオリティの高さも支持される要因の1つだと伝え、全体的な満足度の高さによって中国人の支持を獲得しているのだと論じた。

 中国の物価水準から考えれば、日系車の販売価格は決して安いものではない。しかし、乗る人の立場になって設計し、製造するという日系車の細かい配慮に多くの消費者は惹きつけられているのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)