第2次世界大戦後、日本は急激な復興を遂げ、一時は世界第2位の経済大国となった。中国も改革開放によって急成長し、国内総生産では日本を超えて2位となったことは周知の事実だ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国にGDPで追い抜かれた日本と、GDPで日本を超えながらも開発途上国の中国とでは、「相手国を恐れるべきはどちらの国か」を考察する記事を掲載した。

 記事は2010年に中国のGDPは日本を超えたとし、現在その差は2倍以上に広がったと説明、日本経済はずっと世界第2位の地位を保ってきたが中国に追い抜かれ、そして差を広げられていることは、日本国民の対中感情に多かれ少なかれ悪影響をもたらしていると主張。日本人にとって中国は脅威に映っているはずとの見方を示した。

 しかし、日本には中国に勝っている点がある複数あると指摘、たとえば「治安が良く、安定した秩序のある社会」である点を挙げ、独身女性が1人で夜中に街を歩いていても安全の心配をする必要がないと説明した。

 また中国はすでに立派な工業体系を有しているが、日本の工業は多くの点において中国の「先のさらに先」を行っていると説明。同時に科学技術力においても、日本がノーベル賞受賞者を毎年のように輩出していることは「日本の科学技術の基礎の厚さと技術力の高さを示す事例」であると論じた。

 また日本の大学進学率が非常に高いことは、質の高い労働資源をもたらす結果につながっていると説明、一方で中国は日本と同じように人口高齢化問題に直面しているが、日本と違って「まだ富んでいないのに老いてしまう」という状況が生じることも十分あり得るという見方を示した。また中国の沿海地区と西部地区との間に存在する「貧富の差」という問題も存在することを挙げ、GDPの数値では日本を抜いた中国だが、日本には中国を上回る点が複数あるうえに、中国も様々な問題を抱えているのだと伝えた。

 では、どちらがどちらを恐れるべきと言えるだろうか。記事はこの問いに対して直接答えを提示していないが、こうした対立図式で日中関係をとらえるのではなく、日中がどのように協調し、どうすれば互いに発展できるかという観点で関係を考えたほうがはるかに建設的ではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)