日本を訪れた中国人旅行客の多くが、日本の各種サービスの質の高さに驚くという。商業施設などで買い物をした中国人のなかには、「まるで神様になったかのような手厚いサービスを受けた」などと感想を口にする人は少なくない。それだけ中国国内と日本ではサービスの質が違うということだが、日本のサービスが「嘘くさい」と感じる中国人もいるようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人の接客態度はどうしても嘘くさい」と感じてしまう中国人もいるようだと伝える一方、それでも中国人の接客態度よりはるかに良いのは事実ではないかと論じた。

 記事は、日本を訪れた中国人のなかには、日本人の接客態度について「畏まった態度で笑顔を絶やさないが、それはあくまでも表面上であり、内心から出た態度かどうかはわからない」などと感じる人がいると指摘。だが、「仮に畏まった態度や笑顔が作りものだとしても、それがどうしたというのか」と問いかけつつ、少なくとも日本では「レストランでは安全性に問題のある食べ物は出てこないし、百貨店でも偽物を掴まされる心配はない」と指摘した。

 また、見知らぬ人に対しても笑顔を絶やさずに対応できる日本人の接客態度は「仕事に励んでいる『勤労』の証ではないか」と主張。さらに、日本人の接客態度を「嘘くさい」と批判している中国人に対し、「それならば、自分は日本人と同等以上の接客ができるのか」と問いかけた。

 さらに記事は、中国人を含めた客はあくまでも店に「買い物」のために来ているのであり、友達作りに来ているのではないと指摘し、「それなのに店員がまるで友達に接するかのように対応してきたら、それはそれで嫌だろう」とし、「日本人の接客態度は嘘くさい」と主張している中国人に対して、考え方を改めるよう勧めている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)