「深夜食堂」、「孤独のグルメ」をはじめ、食を題材にした日本のドラマは中国でも人気がある。中国の影響を受けつつも独自の食文化を作り上げた日本料理は、そのヘルシーさや見た目の美しさが好感を持たれているようだ。

 しかし、中国人が口をそろえて理解に苦しむというのは、日本の「冷たい食べ物を口にする」習慣だ。中国メディアの今日頭条は18日、この習慣について取り上げ、この「どうしても理解できない文化」について論じる記事を掲載した。

 まず記事は、日本の駅弁や弁当について「芸術品のようにきれいでとりこになるほど」と絶賛。しかし、口にした瞬間に「冷たくて味が分からなかった」と、カルチャーショックを受けた経験を紹介した。温かいものしか口にしない習慣がある中国人にとっては、冷たいまま弁当を食べることなどあり得ないことなのだろう。そのため、レンジがあれば温めるが、冷たい弁当でも食べられる日本人には驚いてしまうようだ。

 では、どうして日本人は冷たい弁当を食べるのだろうか。記事は、中国でも人気の「孤独のグルメ」のワンシーンを見て理由が分かったとしている。日本にも加熱式の弁当があるが、主人公が新幹線でこの弁当を広げたところ、白い煙がもくもく出てきて、おいしそうなにおいが車両中に広がり、「穴があったら入りたい」ほど恥ずかしい思いをしたという内容だったという。筆者は、ここから日本人について「他人の迷惑になるかどうか」という点を非常に気にする国民であり、そのため日本人は「弁当を温めずに食べるのだろう」と結論付けた。

 この分析が正しいかはともかく、冷えてもおいしい弁当を作るのは至難の業である。ほかほかの食事のほうがおいしいのは当然だからだ。記事は、日本の弁当は冷めることを前提に作るため、むしろレベルが高いと指摘。食材、調理方法、客層などをよく吟味して、ふたを開けた瞬間食欲がわくような工夫をしているからだ。記事は、一連の分析から、日本の弁当を見直したと締めくくっている。日本の弁当が冷えてもここまでおいしいのは、それだけ研究を重ねた結果と言えそうだ。日本の弁当は今後もさらなる進化を遂げていくに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)