世界には大きく分けると食事の仕方は3つあると言われており、1つ目は手で食べる方法、2つ目はナイフ・フォークを使う食べ方、そして3つ目は「お箸」を使って食事をする方法だ。お箸を使って食事をするのは日本や中国、韓国、台湾、ベトナムなどアジアの国が中心だ。お箸は中国から日本に伝わったと考えられており、つまりアジアでお箸を使う文化があるのは、中国の影響を受けた中国の周辺国だということになる。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む