レストランで注文を選ぶ際、サンプルやメニューの写真を参考にする人は多いだろう。そして、実際に運ばれてきた料理がサンプルや写真どおりではなかったという経験をしたことがある人も多いだろう。それはほとんどの場合、実際の方が貧相なのだが、稀に逆のケースもあるようだ。

 中国メディア・今日頭条は13日、日本の飲食店でメニューの写真よりも実際に運ばれてきた料理のボリュームが大きかったことを紹介する記事を掲載した。記事は、この飲食店のメニューに写真付きで載っていたハニーバタートーストを注文したところ、運ばれてきた実物のトーストが写真とは似ても似つかないものだったことを紹介。写真に比べてトーストの上のアイスや生クリームがはるかに多かったことを写真付きで伝えた。

 この記事は、先日日本のネット上で話題になった話を中国のネットユーザー向けに紹介したものだ。四角いトーストの上にクリームのとんがり屋根が高くそびえる様を「まるで山のよう。完全に1人で完食できるレベルではない。2人で食べてやっとという量だ」と評している。

 記事を読んだ中国のネットユーザーからは「日本では、実物がメニューや包装の写真と同じか大きい。日本に行ってみれば分かる」、「わが国は『写真はあくまで参考です。すべては実際のものに準じます』という文言を法律で禁止すべきだ」、「見たところ、味も良さそうだ」といったコメントが寄せられている。

 日本でも決して「写真と実物が全く同じ」ということはなく、中国で多くの人が感じる「残念さ」を日本人もしばしば味わっているのである。あまりにも違い過ぎるのには不快感を覚えるが、「まあだいたいそういうものだよな」と思っていた方が幸せかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)