中国人は買い物の際に「性価比」という要素を重視する傾向がある。「性価比」とは日本語で言えば「コストパフォーマンス」や「費用対効果」に該当する言葉だ。中国人は何らかの製品を購入する場合は「価格に対して性能や質がどの程度か」を判断し、同じ価格帯の製品と比較し、もっとも「性価比」の高い製品を購入する傾向がある。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む