明治安田生命保険相互会社がまとめた家計に関するアンケート調査の結果によると、20代から50代の夫婦の小遣い平均が2016年調査から4421円減少し、調査を開始した07年以来最低となる2万5082円に落ち込んだ。経済成長と内需拡大に向けた政策を推進している日本政府としてはがっかりの結果かもしれない。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む