中国初の国産大型ジェット機C919が5日、初の試験飛行に成功した。C919は中国が知的財産権を持ち、世界基準に基づいて開発したと主張するジェット旅客機であり、すでに各航空会社から570機の注文を獲得している。

 初の試験飛行でC919に搭載されていたのは中国国産のエンジンではなく、CFMインターナショナル社製のエンジン「LEAP」だった。CFMインターナショナルはジェットエンジンメーカーであり、米GEと仏スネクマ社による合併会社だ。

 メンツを愛する中国人にしてみれば、航空機の心臓部ともいえるエンジンも国産にできれば良かったに違いないが、中国メディアの看看新聞は2日付で、C919になぜ中国国産エンジンが搭載されていないのかを紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、世界には民間用航空エンジンメーカーとして、英ロールス・ロイス、米GEとプラット&ホイットニー、仏スネクマ、そして合併企業であるインターナショナル・エアロ・エンジンズ(IAE)とCFMインターナショナルなどがあると紹介。ここに中国企業の名前がないのは「単刀直入に言えば、中国には現時点で大型旅客機の航空エンジンを製造できる力がないため」であると指摘した。

 さらに大型旅客機の航空エンジンの開発や製造は「工業力の結晶」と呼んでも差し支えないほど難易度が高いためであると説明、非常に高い技術力を持つ企業だけがこの市場に参入できるのだと論じた。

 一方、中国製のエンジンが搭載される可能性については「大型ジェット機が自国で製造できるようになれば、エンジンのニーズも自然と拡大し、ニーズを背景に中国の技術力も高まるはずだ」とし、いずれは中国製のエンジンが搭載される可能性があることを指摘した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)