北朝鮮メディアはこのほど、中国を名指しで批判する論評を発表した。中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報(電子版)は4日、「北朝鮮との論戦に付き合う必要はないが、北朝鮮の核開発に対しては一切妥協しない」と反論する記事を掲載した。

 記事によると、朝鮮中央通信はここ最近、中国を批判する文章を3回にわたって掲載しているが、「中国を名指ししたうえでの批判」は今回が初めてだという。
<・・・・

続きを読む