中国には数多くの日本料理店が存在する。日本人が日本人向けに経営する日本料理店もあれば、中国人が経営する日本料理店も少なくない。こうした日本料理店は決して安くはないにもかかわらず、中国人の間でも人気は高い。

 中国における日本料理の定番メニューといえば、刺身のほか、巻き寿司やとんかつ、厚焼き玉子などが挙げられるが、中国人にもよく知られたこうした日本の料理を、店によっては中華風にアレンジして客に提供している。

 一方、中華料理の濃い味付けに慣れ親しんでいる中国人からすれば、日本料理は味付けが薄いうえに量も少ないと映ることもあるようだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本料理店などではなく、「日本人が家庭で食べる一般的な食事」について紹介する記事を掲載し、「日本人は食にうるさいだけあって、見た目もまるで芸術的だ」などと伝えている。

 記事が掲載した写真は、ごはんに味噌汁、焼き魚などのおかず、漬物といった、見るからに健康的な日本料理だ。中華料理と大きく異なるのは、見た目も色とりどりで、食材の鮮度と味にこだわっているという点だろう。また、主食と副食のバランスも取れているのが日本料理の特徴だと言える。

 おかずは大皿に盛り、みんなでつまみながらにぎやかに食べるのが好きな中国人にとって、おかずをそれぞれ個別に取り分ける日本の習慣は驚きのようだ。「たくさんの小皿におかずが少しずつ盛られている」と量の少なさを気にしながらも、その「皿までも趣がある」と称賛。日本の食卓には「芸術的な美しさ」があると表現し、舌だけで味わうのではなく、見て楽しむこともできるのが日本料理だと紹介した。

 料理の味に関しては、薄味の味付けで海産物が多いと紹介。魚をよく食べるのが日本人だと伝えた。また、おかずの種類が多くて栄養豊かであり、無駄のない考え抜かれた献立だと日本の食卓を称賛した。

 小さな器に少しずつおかずを盛る日本料理は、中国人にはどうしても違和感があるようだが、見た目の美しさと健康に良い食事という点では好感を得ているようだ。おなかがいっぱいになれば良いという時代は過ぎた感のある中国では、これからは目で楽しめてしかも健康的な日本料理がますます人気になるかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)