リオ五輪で日本の卓球男子団体は初の銀メダルを獲得し、さらに水谷隼選手は日本人として初めてシングルスでメダルを獲得した。また、アジア選手権女子シングルスでは平野美宇選手が世界ランク上位の中国人選手たちを次々に破って優勝を果たしたことは、長年卓球界の王者として君臨する中国に対して大きな衝撃を与えた。

 2020年の東京五輪で打倒中国と士気を高める日本の勢いは中国にとって脅威と映っているようで、中国メディアの今日頭条はこのほど、「東京五輪は中国卓球界にとって悪夢となる可能性」があると警鐘を鳴らす記事を掲載した。

 記事は、リオ五輪後に水谷選手が「2020年の東京では中国に勝つ自信がある」と述べたことを紹介しつつ、この自信は決して「たわごと」とは言い切れないと主張。なぜなら日本卓球界では打倒中国に向けて各種テクノロジーを駆使したデータの分析やトレーニングの開発が提言されていることを紹介した。

 たとえば、ボールの軌道データ、選手のバイタルデータ、移動スピードや距離といったデータに基づいたバーチャルトレーニングが提言されており、スポーツ選手は試合中のくせなどを簡単に変えられないため、こうした取り組みが本格化すれば、日本は東京五輪までに中国チームのデータを大量に蓄積することができ、「十分な対策も可能」だとした。

 卓球大国の中国も独自の選出育成プログラムがあるはずだが、日本卓球界の近年における育成は中国を上回る成功を収めていると言える。次回の五輪開催地は日本のホームであるだけに、「東京五輪は中国卓球界にとって悪夢となる可能性」があると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)