三菱重工業と三菱航空機は現在、「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の開発を進めている。初の国産旅客機であるMRJは現在、飛行試験が行われているが、これまで5回にわたって納入延期を行っている。受注総数は400機以上に達するものの、相次ぐ納入延期を不安視する声があるのは事実だ。

 一方、中国でも国産ジェット旅客機C919の開発が進行中であり、まもなく行われるとされる初飛行に向けて期待が高ま・・・・

続きを読む